So-net無料ブログ作成
検索選択

単行本『光木八尋の甘美な憂鬱』(竹書房・バンブーコミックス)2013年05月27日発売 [お仕事情報]




『南美隆輔の傲慢な正餐』で理央にちょっかいをかけていた若頭、豪太郎とその幼なじみの八尋のお話です。南美さんの方を読んでなくても大丈夫。でも、読んでいただいていると、もっと楽しんで頂けるという作りになっています。巻頭の短編は迸る乗っかり受けラブだけでできています。

八尋と豪太郎の出てくる連作2本、ぶっかけ愛のオッサン受け、オッサン受けとオッサンの逆襲で連作2本、教育実習生ラブ、の全六作が収録されています。巻頭のカリスマ美容師(あんまりカリスマなところを描けてなくてすみません)八尋と巻末の教育実習生秋吉は不幸過去持ちですが、大好きな人と幸せになれるので安心して読んで頂けるかと…!

この本と『六月の丘のひなげし』の2冊で☆竹書房&コアマガジン合同/深井結己フェア☆を開催していただいています。どちらの本にも初回封入特典として描き下ろし漫画ペーパーが入っています。コラボ漫画になっていますので、2冊揃えてペーパーをぜひ見てやって下さい。同じ日同じ場所で二組のカップルが遭遇して楽しいことになっています。

封入ペーパーとは別に、オリジナル書店ペーパーがつくお店があります。
コミコミスタジオさんペーパー、竹書房特約店さんペーパー、アニメイトさんペーパーの3種類があり、それぞれ中身が違います。

竹書房特約店さんはこちらにお店のお名前が乗ってます。
竹書房BL通信 http://bl.takeshobo.co.jp/
こちらのTopicsの中の「麗人セレクション ペーパー特約店一覧」をご覧になって、お近くの書店をお探し下さい。

単行本本体も、ペーパーも楽しんで頂けると嬉しいです。そうそう、単行本をゲットして頂いた方は、読み終わった後、ぜひカバーをそっと外してみて下さいね。がんばってみました(笑)
nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。